かかりつけ薬剤師

IMG_5767.JPG

患者さんが、信頼を寄せる一人の薬剤師を指名できる制度です。

お薬の飲み残しや重複、副作用の有無などを一元的に管理し、患者さんに寄り添いながら継続的にチェックいたします。

​夜間や休日など、薬局の営業時間外にもお薬の相談ができたりと、一番身近な「健康の相談役」としてご活用いただけます。

決めてみませんか?
​あなた専属のお薬のアドバイザー

「かかりつけ薬剤師」は、

指名した薬剤師からサポートを受けられる

国の制度です

「かかりつけ薬剤師」と聞くと、「かかりつけの薬局にいる薬剤師」を想起されますが、かかりつけ薬剤師に関する国の制度があり、手続きを踏んで信頼できる一人の薬剤師をご自身の「かかりつけ薬剤師」に指名すると、お薬に関する様々なサポートが受けられます。

「かかりつけ薬剤師」制度が

制定された理由

近年、複数の医療機関から多数のお薬を服用している患者さんが増加し、
必要以上のお薬を服用することで有害事象(副作用)の発生リスクが高いことが明らかとなっています。 
そのため、一人の薬剤師が、患者さんお一人おひとりのお薬を継続的に一元管理し、 患者さんの安全を守ることを目的に制定されました。

かかりつけ薬剤師をもつ
メリット

1

メリット

3年以上の経験があり、

認定を受けた薬剤師が対応

保険薬剤師として3年以上の薬局勤務など、薬剤師認定制度認証機構が認証している「研修認定薬剤師」を取得している薬剤師が担当します。

2

メリット

あなたのお薬に関する情報を

継続的に一元管理

過去のお薬の記録(服用記録・アレルギーなど)を含め、服用中のお薬を把握し、一元的・継続的に管理します。

3

メリット

複数医療機関を

ご利用の場合も安心

複数の医療機関をご利用の場合、お薬の重複投与や相互作用による副作用を防止するなど、適切なお薬の処方を処方医に提案いたします。

​また、残ったお薬がある場合は、そのお薬を再利用する処方調整をおこなうことや、状況によっては患者さんのご自宅にお伺いし、薬の確認・整理をおこなうこともあります。

4

メリット

お薬以外との飲み合わせも

相談可

お薬に関することはもちろんですが、風邪薬などの一般用医薬品(OTC医薬品)や健康食品、サプリメントとの飲み合わせなど、健康全般のアドバイスもおこないます。

5

メリット

夜間・休日など

24時間いつでも相談可

夜間・休日などの薬局が閉まっている時間帯でも、24時間いつでも困った時には、電話などによる相談にも対応いたします。

6

メリット

あなたのお薬の

在庫管理を徹底

あなたが服用されているお薬を薬局で常時ご用意いたします。

※新しいお薬が追加になった場合などは、在庫状況により少しお時間をいただく場合もございます。

7

メリット

他機関・他職種との

連携

他機関・他職種との連携をとることで、多面的なサポート体制で患者さんをお守りいたします。

ご利用までの流れ

1

​薬局へご相談

薬局にて、ご希望のかかりつけ薬剤師​、もしくは薬局スタッフに、お声かけください。

2

薬剤師からのご説明

あとでご署名いただく「かかりつけ薬剤師 同意書」について、5〜10分程度お時間をいただきご説明させていただきます。

 

3

同意書へのご署名

先の説明に同意いただけましたら、同意書にご署名ください。

かかりつけ薬剤師によるサポート開始

ご利用料金

通常の「薬剤服用歴管理指導料」に代わり「かかりつけ薬剤師指導料」として次回から60~100円(3割負担の場合)を追加でお支払いいただくことになります。

以下のフォームから
お気軽にお問い合わせください

送信ありがとうございました